img_0198

農業女子プロジェクト・商品を”魅せる”写真の撮り方カメラ講座〜東北キャラバン①〜

農業女子プロジェクト・東北キャラバン研修会が11月16日、17日に仙台農政局にて開催されました。

1日目カメラ講座の内容をお伝えいたします。

「写真の基礎から、商品を“魅せる写真”の撮り方まで」


一見、農業と写真はあまり関係ないように見えますが、農業においても「写真」は農産物・商品の価値も決まる重要な役割になっています。

また特に現代はSNSなどの広がりに伴い、畑の様子や商品のストーリーを伝えさらに不可価値をつけるための欠かせないツール。

今回の講座は、そんな魅力的な写真を撮るための基本的な考え方とアドバイスを頂ける内容となっていました。

 △「写真の基礎から、商品を“魅せる写真”の撮り方まで」の講師:コンドウ ダイスケさん(プロカメラマン)

 座学では、基本的な写真の撮り方例とそのポイントを紹介頂きました。

実技。カメラはやはり実際に撮ってみないとどのように映るのかは慣れないと難しいですね。


背景に使うものは、本格的なものではなくてもシーツやアルミホイルなど家庭にあるものでも綺麗に撮れるようです。


作品


△自分の作品。これだと何を伝えたいのかが不透明。乾燥りんごも何なのかいまいちわかりません。


△メンバーの作品。
先生も「衝撃的」と褒めていた作品。「普通のきゅうり」から「顔のみえるきゅうり」に。綺麗に写真を撮る事はもちろん、メンバーの作物の個性も出せることで「この発想が今後のブランディングとなる」とおっしゃってました。

感想

農業女子PJ東北キャラバン第一日目「カメラ講座」。

ポスターやパンフレットはもちろんプロに任せた方が間違いないに決まっていますが、農家の場合は畑にいる時や作業中の一瞬に「今!」という時が多いですよね!

それが大きなプロモーションになる場合も多く、自分で綺麗に写真が撮れることはかなり重要になってきます。

今回はすぐ実践できる内容で指導頂けた事がとても参考になったと感じます。

img_9854-1

参考

【講師】
プロカメラマン
コンドウ ダイスケさん
http://kondoudaisuke.net 


【企画】
農林水産省農業女子プロジェクト
https://nougyoujoshi.maff.go.jp

畑フォト

農業女子がもらった畑からの贈り物~冬の果樹畑~

季節により様々な景色を見せてくれる自然。畑にいると日々違った表情を感じられます。畑にカメラを持っていける機会は少ないですが、畑の様子も知ってもらいたいなと思いますので、少しずつご紹介していきますね!

 

季節は冬

我が家はりんごと桃の果樹農家。ハウス栽培ではないので季節や天気そのままに自然とともに仕事も進んでいきます。冬は閑散期。とはいえ農作業がないわけではなく、枝の剪定(伸びてきた枝の長さやバランスを整える作業)をして葉をつける春に向けて準備をしておく時期。「冬があるから春が来る」と言うように、まさに今の時期は地味な作業ばかりでも、収穫時期の実りがより質の良いものにするための下準備期間と言えます。

畑の風景

 

 

自然からの贈り物

畑にふらっと立ち寄ってカメラのレンズ越しに自然を見ると全く違う世界に気づくことが多々あります。この時は畑の隅に捨ててあったりんごが目に入りました。農家目線からだと「破棄してしまう果物や野菜を救いたい」となるわけですが、レンズを通てしてみたときに見えたのは「自然」のそのままのかたち。あの「かわいそう」だと思っていたりんごにもちゃんと役割があり、そのまま時間がたてば分解されて肥料となります。

 

畑フォト

 

さらに冬の時期には減ってしまうえさの代わりになり、鳥たちのいのちの源になっていました。「農家」としては収穫したものが使えないことは無駄になってしまっていると考えますが、自然の中では全て無駄なものはなく、捨てられているように見えるりんごも次にまた美味しいりんごを実らすための役割。そんな自然の力に改めて気づくことができ、農家はつくづく自然から分けてもらっている仕事なのだと感じました。

畑の風景

畑は色々なことを教えてくれます。「ものづくり」をする立場としては、「破棄する作物を救う」取り組みは引き続きやっていかなければと考えます。でも自然全体の中の考えとしては「無駄なものは一つもない」。

見方や考え方の角度を変えることの大切さ。日々、仕事や子育て等色々な場面で立ち止まったり悩んだりする中で、どんなことにも当てはまる事ではないでしょうか。迷ったり悩んだりした時にはぜひこの畑の話も思いだしてみてくださいね。

ひな祭り

農業女子的ひな祭り節句の準備を楽しむ~フォトブースアレンジ編~

今人気のフォトブース、これを作ってさらにひな祭りを楽しみましょう!準備は簡単、材料も身近に手に入りやすく挑戦しやすいのでおすすめ。

フォトブース作成のポイント

ひな祭り
①背景は白
(イメージに合った無地や薄い柄でも○)
②背景に装飾
(フラワーペーパー、オーガンジーな布、文字入りメッセージなど)
③テーブルの上に布など
(人が入った時に顔うつりを引き立てる)
④テーブルの上に装飾
(イメージに合った小物を置く)

 

材料

おひなさまセット・・・1
(ハンドメイド)
おひなさまボックス・・・1
(100円shop)
フラワーペーパー・・・ピンク2 グリーン3
(100円shop)
ペーパーキューブ・・・ピンク 4
(100円shop)
●キッチンカーテン・・・1
(100円shop)
ガーランド・・・画用紙+麻ひも
(100円shop)
小物など・・・その時にあるテイストにあった雑貨を置いてもおしゃれ

おひなさま

 

農業女子的アレンジ

時期的に限られますが、せっかくなのでおひなさまと一緒に、お花や収穫したばかりの旬のイチゴなども一緒に飾ってみてはいかがでしょうか?季節も感じられて華やかになりますよ!

ひな祭り

食べるのなんだかもったいほどですね。でもそれが価値を上げるということ。贈り物であればこんな器に包装されていたら喜ばれると思いませんか?少し高くても買ってみようと思いませんか?そんな何かひと手間の価値を上げるヒントもディスプレイにはありそうですね。