img_4468

【締切ました】参加無料!お土産あり!福島発の新ブランド試食モニター募集!

※2/3 締切ました!
お申込みありがとうございました。定員になりましたので、お申し込みは終了させていただきます。

【平成28年度 ふくしま地域産業6次化復興支援事業】モニター試食座談会の募集です。

雑誌などの企画でも人気の高いモニター座談会。なんとそれが福島でも開催されます!

あなたの意見が商品作りのお手伝いに!

(「座談会」のイメージです。お子様とご一緒や男性の参加ももちろん歓迎!)

福島発のおみやげ新ブランド『福島拓景』。福島県の名所を描き、 商品パッケージにした福島拓景シリーズ。 中身の素材にもこだわり、作る楽しみも 味わえる商品が揃っています。

福島県内の方へはもちろん、 福島県外の方へのギフトとしても 喜ばれており、人気の商品となっています。

そんな『福島拓景』に、新しい絵柄が描き上りました。


福島の名所の「桜・紅葉・雪」をの絵柄です。

今回その『福島拓景』の美味しいモニター会を開催にあたり新デザイン商品の「品評会モニター様」を募集します!

楽しめるので一般の方はもちろん、加工品について学びたいと考えてる方には貴重な時間になるのでオススメ!
ぜひご参加くださいね。


〇募集要件

【日時】
2月13日(月)11~13時
定員/先着20名様

【会場】
岩瀬書店八木田店 2階 会議室
(福島市八木田字並柳163-1)

【参加費】
無料

【特典】
・新商品試飲試食
・ご昼食軽食
・岩瀬書店商品券
・試供品を贈呈

【参加条件】
試飲試食商品の評価、味、価格、パッケージ等への感想をお聞かせくださる方。

【申し込み方法】
※2/3 締切ました!
お申込みありがとうございました。定員になりましたので、お申し込みは終了させていただきます。

モニターお申込みの方は、チラシの裏面にご記入の上FAXか、メールでお申し込みください。

・お名前
・性別
・生年月日(西暦)
・郵便番号、ご住所
・電話番号
・携帯電話
・FAX番号
・メールアドレス(携帯不可)

【申込み先】
●メール
popland@popland.jp

●FAX
024-938-8686

いづれも『福島拓景』品評会モニター係まで。 
※お子様とご一緒の参加も大歓迎!ただし、託児などはありませんので責任もってお子様を見て頂ける方に限ります。

※お友達同士の参加も可能ですが、それぞれお申し込みください。

※お申し込み後、係からメールやお電話にてご連絡させていただきます。なお、定員を超えた場合は、お断りする場合があります。

皆様のご応募をお待ちしています!

【福島拓景】
http://global-n-s.co.jp/products/fukushimatakkei/

【主催】
株式会社GNS
〒964-0938 福島県二本松市安達ヶ原5-254-12
TEL.0243-62-2201
FAX.0243-62-2202

〈GNS オンラインショップ〉
http://tanatsumono.jp

※Noujyo lab.はこのイベントに参画しています。

img_5418-1

農業女子 福島県農業女子会コアミーティング♡

福島県女性農業者「ふくしま農業女子ネットワーク」の今後の展開

いよいよスタートする福島県主催の「農業女性」のチーム。

「ふくしま農業女子ネットワークメンバー」のコアメンバーです。

今回は、いわき・会津・郡山・福島と広い県内から集まり、県の職員さんお二人と今後の展開についての打ち合わせでした。

・どんな内容を学びたい?

・子育てしながら、どうやっていく?

・勉強会など来やすい時間帯は?場所は?

・すでにやってる方のストーリーを知りたい!

・一般の方にも貢献できる農業にしたい!
などなど、、、

今後、福島で農業を仕事とする全ての女性の活躍と、「食」が良いものであるための初めの一歩の内容を話し合うことができたように思います。

様々な意見を踏まえて、県の職員さんが平等に今後のプランを企画してくださいます。

農業女子=子育て世代

また会場は、県の方が「お子様いても参加できるように!」とキッズスペースが一緒になっているカフェをご用意くださいました!

これはとても嬉しい〜!

まさに「農業女子」は子育て世代。これから女性が将来を見据えて本格的に農業に携わって行こうとする時期に、こういう繋がりが生まれることでよりモチベーションがあがったり、質の良い情報と出会えることで今後につながる可能性が増えていきます。

今までは、お子様がいる方はまだ小さく「会議」や「打ち合わせ」には気が引けてしまい中々参加しづらいのも事実でした。

しかし、農業は昔から子供を畑に連れて仕事をするのがあたりまえでした。またおうちの昔ながらの考えで保育園等に預けられない事情や、数年前だと「農家」というだけで保育園の優先順位が低かったり・・・

もちろん差別的な意味ではなく収入の考え方でなのでやり方もありますし認可外や預ける方法も様々増えてきてはいます。ただ「農家」の場合の女性はそのもっと手前のところの方が多いので底上げをするサポートの一つとして重要なポイント。

そんな中で子連れで参加できる機会がある事は、本当に「女性としての農業」を底上げしていくには必要不可欠だと感じます。

ぜひ、「農家のお嫁さん」や「娘さん」、興味のある方は就農年数や毎日の作業時間関係ないので、今後の参考に参加されてみてはいかがでしょうか?

本当に行政の力をお借りしてできるなんて本当にありがたい機会。

こんなに応援してくださるサポートがあるのだから、私たち生産者は、これからさらに美味しい作物を作れるように頑張らなくちゃですね!

参考

●福島県「ふくしま農業女子ネットワークメンバー」(仮) 募集内容。
https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/36021c/nougyoujoshi-network-bosyuu.html

●今後の予定
11月中旬・・・現地研修会
12月・・・第二回 農業女子会
1月下旬・・・セミナー・シンポジュウム