13124634_986035848147787_3686551741569283800_n

【Noujyo Lab. ~ring*link~】スタート!

このたび【農女Lab.~ring*link~】を立ち上げさせていただきました。

13124634_986035848147787_3686551741569283800_n

【農女LAB. ~ring*link~】への想い

2009年から、りんごと桃の果樹農家に嫁ぎ出産し母に。

IMG_4415

夫両親の営む農業を手伝うにつれ感じるのは、当たり前にある季節を感じる食。その大切さ。土地ならではの生産物の素晴らしさ、そして生産者の想いなどを知り、子供たちの育つこのふるさとの自然も含めて大切に伝えたいと想うようになりました。

それから、同じくらい大切なのは「可愛い♡がすき」という自分らしさ。農業に従事する女性が「自分の好き♡」を織り交ぜながら少しでも楽しんで農業に携わって行ければ、日本の農業はとても明るいと信じています。そんな想いで【農女Lab.】を立ち上げました。

女性として、ママとして、1人の人間として、少しでも前向きにこのふるさとで生きていくために大切にしたいこと。それは、これからのふくしまを生きる子どもたちにとってもとても大切なこと。

「今ある環境をどれだけ大切に、どれだけ希望を見いだして生きていけるか」がポイントになっていくと考えています。

どんなカタチでもいい、そしてそれはこれからの若い世代の農業イメージチェンジにも深く関わってくると考え女性農業者の追い風ともなるように期待しています。

12540743_926860597398646_6313266653429255255_n

「わたしらしく♡」農業を目指す女性と、そんな女性を応援してくださる方のコミニュティも立ち上げました。

農女Lab.〜ring*link〜

https://www.facebook.com/groups/noujyo.lab/

 

【農業女子プロジェクト】との出会い

農業女子プロジェクト

http://nougyoujoshi.jp/

命を生み育てる女性だからこその農業、子育てと農業、などなど模索中な毎日。そんな時に、農林水産省が取り組む「農業女子プロジェクト」を見つけ参加しました。

2014年末にメンバーに。それまでは全く同じように農業取り組む女性にお会いできていませんでしたが、それをきっかけに様々なチャレンジをする農業女子と出会い、さらにモチベーションがあがりました。同時に、過去の自分のような育児との両立に悩むメンバーや完全農業ではなくてどうして良いか悩んでいるメンバーのサポートが必要だと感じ始めたことも立ち上げのきっかけとなりました。

農業を生かした新しいスタイルの提案

農業は、自由で可能性が無限大!どんな事ともリンクできていく事ができる仕事。他のどんな仕事とも違う尊い仕事。

●農地を利用の新しいカタチ、閑散期の畑での撮影会

●破棄される果物&野菜を救いたい想いで【スムージーアドバイザー】も取得!

IMG_3053

などなど、その方の好きな事や興味のあること、または、以前の仕事等と組み合わせながら可能性をメンバーと一緒に探していくアドバイスなども行っていきます。

*我が家の畑で撮影した写真ギャラリー

【Happy season photo 〜Fukushima〜】

IMG_4196
Lily & Ally「福島の子どもとつくる宝石箱プロジェクト」にて写真提供

女性ならではの発想と細やかな想いで、農業をもっと楽しく変えていける、そう考えます。

そして、実は農家と地域は密に関わっていきます。

・ママとして
・地域の発展

そんなところも合わせて取り組んでいきたいと考えています。
 

 

これからも、地域のための活動も続けつつ、楽しみに農業をしていけるよう進めていく予定です。「Noujyo Lab.〜ring*link〜」、すでに農業女子メンバーや一部企業様からラブコールが!これから益々楽しみになりそうな予感♩

 

これから応援して下さる皆さまと一緒に育てていけたらと想います。どうぞ宜しくお願いいたします!

Noujyo Lab.~ring*link~  景井 愛実

 

ドライフルーツ

農業女子の「6次化を考えた女子レシピ」~ドライフルーツ~

 

破棄する野菜・果物を救いたい

「破棄する野菜・果物を救いたい・・・」。農家で過ごすようになりまずびっくりしたのが、野菜・果物ともにキズができてしまって販売まではできない作物が思いのほか多いということ。けれど捨てるには本当にもったいないものばかり。スムージーアドバイザーの取得もそうですが、まだまだ美味しい野菜や果物を活かすために、日々アイディアを探しています。それは、「価値を上げる」ということでもありますね。

 

6次化の壁

6次化と言っても、すぐすぐできない事ですし準備も勉強も必要。設備などかなり課題でもあります。でも、日々の生活の中にあるアイディアからその農家さんだけにしかできないことに繋がることもたくさんあるはず!その一歩を見つけたい!(そもそも初めから6次化を目指して始める方は、ここをのぞいてないとおもいます 笑)農女Lab.ではみなさんと探していきたいと考えています。

 

ドライ!フルーツ&ベジタブル

ドライフルーツ

これは、りんごを乾燥。15~24時間(湿度や果物野菜により変わります)ほどで乾燥完了します。お野菜の乾燥にももちろん使えていろいろ便利。旬のものでも出荷できないものを保存しておき、収穫がない時期などに利用することもできます。これは家庭用サイズですが機械が大きいものであれば6次化を目指すことも可能です。

 

農業女子的アレンジ

自宅で保存していた「ドライりんご」と、同じく保存していた「冷凍ブルベリー」、それからご近所さんから頂いたキュウイをトッピングしてさらに栄養たくさんのグラノーラでいただきます。

ドライフルーツ

ブルーベリーは解凍せずもアイス感覚!りんごは乾燥させると噛めば噛むほど甘く感じます。乾燥リンゴはおやつに持ち歩いたりもできるので単品でも食べますが、グラノーラに乗せるとまた新鮮。

ドライフルーツ

アレンジを変えると、農家とはかけ離れたメニューに。見た目はもちろん、栄養もたくさん、フルーツがそのまま入ることで食べごたえもあるので満腹感も得られます。女子にはたまらないメニューですね!

プリザーブドフラワー

農業女子的目線で見るワークショップ~プリザーブドフラワーアレンジメントLesson~

最近はどこのイベントでも身近になった定番の【講座やワークショップ】。特に内容が「かわいい」「きれい」なものなら、さらに女性のみなさん大好きですよね。参加する機会も多いと思いますが、ここでは農女的な視点からイベントやワークショップについてレポートしていきます。

 

プリザーブドフラワーアレンジメントLesson レポート

プリザーブドフラワー

【内容】

近所の学習センターにて行われた単発のプリザーブドフラワーアレンジメント講座に参加。プリザーブドフラワーとは生花を加工することによって長期保存を可能とするフラワーアレンジメントの一つです。

プリザーブドフラワー

最近だと結婚祝いや新築祝いなど贈り物としてもよく見かけるようになりました。今回は素敵な鳥かごにプリザーブドフラワーアレンジメントを体験。お花の色、数も自分で選べる講座は少ないので特別な体験をさせていただきました。

プリザーブドフラワー

お花を選んだあとは、グルーガンで付けていきます。講師が持ち込んだのは市販されていないグルーガン。仕上がりがより美しく見えるものをこだわって選ばれていて、さすがお花の先生が準備されただけあり道具一つ一つまでうつくしさを感じました。

プリザーブドフラワー

 

【完成品】

2時間ほどで仕上がり完成。

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワー

参加者は自由にアレンジを楽しんでそれぞれのセンスと好みが表現されていて、完成品はどれも美しく魅力的な作品ばかりです。みなさんお家のどこにかざるのか楽しみに持ち帰られました。

 

農業女子的ポイント

さて、楽しかったプリザーブドフラワーレッスン。美しく、想い想いにデザインを楽しんで癒されるのはもちろん、ここからはちょっと農女的視点で可能性をいくつか見てみましょう!

●花は畑で栽培できる!
●花を加工すれば付加価値がつく。(花をプリザーブドにする技術など学ぶ必要はあり。)
●加工する・しないに関わらず出荷できる。
●アレンジメントが得意・好きであればアレンジして出荷。付加価値がつく。
●マルシェ等イベントにて、販売・講座・ワークショップが可能。(繁忙期以外の活動や収入として見込める)

などなど、これが全て1農家としてできれば「6次化」と言えるし、ターゲットも広がるだけでなく顧客化も期待できます。食品ではないことから保健所関係の手続きは必要なさそうなので、6次化を考えていた方で「炊事場を含めた専用の加工場が取れない」なんて方は調べてみてはいかがでしょうか。

 

何をするにも設備や学びは必要ですが、自分が得意や好きな事につなげられる可能性があればよりやりがいも生まれて楽しくできますね。趣味の講座やイベントに参加した際はぜひ視点を変えて参加されると新たな発見に出会えるかも!

 

 

参考講座

プリザーブドフラワー

●講師: 開沼 久則 先生
『開沼久則 花のデザイン教室』を主宰。イベント依頼は半年待ち! 教える生徒の数は年間9000人で世界一。各講座やイベントでも人気の先生です。
●場所:近所の学習センター
●参加費: ¥2000(材料費のみ)
●主催:近所の学習センター